ラムレーズン

テイルズオブエターニアオンラインのプレイ日記でした。暗中模索中。
by koba-koba3
カテゴリ
初めての方へ
日常
単位
ポケモン
エターニアオンライン
TOEOで出会った人
テイルズ
その他
リンク
以前の記事

テイルズオブデスティニー(PS2)

このゲームはリメイク作品なのですがただ単純なリメイクでは無くいうなれば「新説テイルズオブデスティニー」といった感じです。



まず戦闘なのですがよくここまで練れたな…というのが素直な感想。デスティニー2とリバースのいいところを取り出して足して2で割った感じ。少し具体的に説明するとTPという概念が無くなりその変わり(?)にCCというシステムになってます。自然回復が1秒程度で全快といった感じなので技を連発するのは序盤から可能でコンボを繋げるにはCC最大値が増えないとダメ。初期CCは5程度で序盤の技でCC消費は2です。通常攻撃でもCCを1消費するので通常攻撃をする意味がほとんどないというのが少し寂しいのですが、慣れればそんなに気になりません。デスティニー2では終盤前衛の攻撃が弱すぎて後衛の魔法に頼り切るという欠点があったのですが今回は魔法と技のバランスが良い感じかと思います。リバースでは技は連発できるけど繋げにくいという欠点があったのですがそれも見事に解消。繋げやすい技を選んでいけばCCがある限り繋げる事が可能です(ストーリー終盤のCCは12~14程度)。空中である程度自由に技を出せるようになったのも良い点です。空中コンボには大して特典も無いし実際のプレイでは使用してもしなくても…という感じなのですが空中でボコボコやるのは爽快です。全体的には現時点での2Dテイルズの集大成といった感じ。アビスの時にも感じましたがいくつかの意欲的なシステムを取り出してその良い所をまとめあげるといった作業が最近のテイルズは上手だなぁっと。



そして肝心のストーリー。細かい点の修正点が多すぎて挙げればキリがないくらいオリジナルから修正されてます。デスティニー2という作品がオリジナルのデスティニーから言えば矛盾点が多くでる作品だったのでそれに合わせての修正も多い…と思います(オリジナルを忘れている部分があるので断言できません)。オリジナルでは細かいところでいくつか分岐するストーリーも完全に一本道に。デスティニー2がある以上結末にある状況は全て同じにしないとマズイという事でしょう。ただ全体的にいい修正で違和感を感じる事はありません。唐突な展開になっていたところも伏線を丁寧に張って全体的に良い流れになっていると思います。



ただ触れなければならないのはシリーズ中NO1人気とも言われているキャラ、リオンに関しての変更点。スタン達を裏切った動機を明かすタイミングが早い(伏線はあったのですが)のがまず残念。確かオリジナルでは「なんで…→(しばらく経って)→そんな事情が…」といった流れだった思います。その「しばらく経って」という部分の「溜め」があるからこそ一種の感動が起こる思うのですがそこは完全にカット。そして死に際もオリジナルでは何のフォローもなく主人公一行に倒された後放置され1人寂しい死に際だったのですが、リメイク版では「主人公一行を助ける」という救済(?)措置が取られていて寂しいながらにも「良い奴」的な死に際。そしてオリジナルでは最終決戦直前でゾンビ化して操られて「コロシテクレ…」とセリフと共に再登場するのですがリメイクではこれもカット。(補足:攻略サイトを見ていたら「さて、優しいお姉さん……それでも僕を殺せるかい?」「僕は殺せる。大切なものを守るためならば、たとえ親でも兄弟でも、だ!」という名セリフも完全カットされている模様。)



大切なものを守りたいだけだったのに惨たらしい死に方をした、という点でリオンは人気があると思うのですが、リメイク版ではその「惨たらしい死に方」の部分をほとんど全部カット。リメイク版だけプレイした人の評価は分かりませんがオリジナルもプレイした自分としては少し物足りませんでした。惨たらしい死に方→リオン可哀想すぎる→惨たらしいとこらはカット(そしてフォロー)しよう!、ってのはちょっと違うんじゃないかなぁと思います。



もう少し修正点の粗を挙げるとすればラスボスに関して。オリジナルでは存在感が無かったのにリメイク版では存在感抜群。ただそのせいで勧善懲悪の構図がはっきりしすぎていて(ラスボスの思想はビタ一文共感できる部分が無いので)プレイしていて少ししんどかったです。「何が正しいか分からないけど自分の大切なものを守るために自分の信じた道を行く」といったどっちが善でどっちが悪か分からないストーリー(exアビス、シンフォニア、ファンタジア)が好きなだけに少しゲンナリ。ラスボス方につく人間は「差別社会にうんざりした→世界を作り直す」などその思想に少なからず共感できる人物も登場するのですがラスボスの存在感があがったせいでその分周りが少し薄れてしまったのが残念です。



全体的に良いつくりだったのにオリジナルと比べると少し不満が出てしまいました。こうやってみるとリメイクって本当に難しいんだなぁっと。完全な新作だったらまた別の評価もできたと思いますがオリジナルをプレイした自分としての感想はこんなところです。ただスタン(主人公)の心情の変化などは良く描かれていて一概にオリジナルの方が優れているというワケではありません。そして繰り返しますが全体的な完成度は非常に高いです。なのである程度万人ウケすると思います。飛び抜けてはないけど、間違い無く良作だと思います。
[PR]
by koba-koba3 | 2001-01-07 00:00
<< TOEOで出会った人 テイルズオブレジェンディア >>


検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧