ラムレーズン

テイルズオブエターニアオンラインのプレイ日記でした。暗中模索中。
by koba-koba3
カテゴリ
初めての方へ
日常
単位
ポケモン
エターニアオンライン
TOEOで出会った人
テイルズ
その他
リンク
以前の記事

カテゴリ:ポケモン( 22 )

ハッサムつえー

この前のお休みに久々にフリースレ行ってみたんですが面白いぐらいボコボコでした。こりゃだめだ。パーティ構築がダメダメだというのは分かってるんだけどドコをどう直せばいいのか分からないという状態。色々ポケ育てて適当に組んでみて回してみる方式がいいのかもしれない。時間が無いけどー。

それにしてもバレパンを習得したハッサムは強い強い。耐久が低いポケだとバレパンで結構持ってかれちゃいますね。バレパンに耐性をもっててタイプ上有利なハズの炎ポケでも、耐久の低い猿、リザ当たりだとHPを減らされていたら普通に突破されてしまうレベル。こりゃこりゃ。球バレパン3確調整(してるハズ)のスカーフグライオンを普通に剣舞バレパンで突破された時は涙が。耐久に振られてると地震で(恐らく)3確になるのは痛いなー。剣舞を詰まれてしまうと中途半端な耐久のポケを後出しできないジレンマ。僕が使ってる猿やリザは耐久面がアレなんで後出し不可なんです。本当に辛い。ハッサムを安定して受けれるポケはやっぱ貴重だわ。

今回はこんなところで。
[PR]
by koba-koba3 | 2008-11-11 01:31 | ポケモン

ばとーん

HIROさんから回ってきたよ!(8月に)

■お手持ちのカセットは何バージョンですか?(緑/赤/金/銀など)
(赤、青、金)←むかーしに買った。現在はパール、プラチナ、バトレボ。

■主人公の名前は何と入力していますか?
プラチナは「こば」。

■ライバルの名前は何と入力していますか?
デフォルトである名前。

■一番初めにもらえる3匹のうち、何を選びますか?
初:ヒトカゲ
金銀:ヒノアラシ
RSE:キモリ
DP:ポッチャマ

■あなたが好き/苦手なポケモンは何ですか?
-好きなポケモン-
フシギバナ・リザードン・フーディン・ヘラクロス・ドータクン・ブラッキー

-苦手なポケモン-
ボーマンダ・カイリキー・トゲキッス・メガヤンマ・ドータクン・ユキノオー

■必ず手持ちに入れておきたいポケモンは何ですか?
特にいない…。
パーティを組むといつも炎・格闘がいない事が多いのでそこらへんをもっと育てないと。

■好き/役に立つ技は何ですか?
リーフストリーム。半減多いけど、爽快感が良い。

■ぶっちゃけ必要ないだろと思う技は何ですか?
いあいぎり。面倒なだけなのでそろそろ秘伝技のシステムを一新して欲しい。

■ポケモンにつけるニックネームの基準は何ですか?
適当。

■あると役に立つ道具は何ですか?
気合の襷。安心。

■さっさと売る/捨てる道具は何ですか?
基本的に大事に取っておきます。

■「にげる」を押しても逃げられなかった時の心境を語って下さい。
逃げさせろや、ボケ!

■「めのまえが まっくらになった」時の心境を語って下さい。
明日から頑張ろう。

■次に回す方5人を、ポケモンにたとえつつ教えてください。
打ち止め!てか何ヶ月前のバトンなんだろう(笑)
[PR]
by koba-koba3 | 2008-11-06 04:59 | ポケモン

久々のバトレボ

昨日ランダムに結構長い時間潜っていました。経過報告や育てたポケをつらつらと。


・ボーマンダ、ハッサムを警戒しまくっていたのですが、そんなに多く当たらず。マンダは龍舞型とは全くと言っていいほど当たらなかった。ヤチャ持ちと2~3回当たったものの交換読みめざパでごり押し。本流は相変わらず特殊型スカーフと思われる。


・ハッサムもそんなに多く無かった。しかし、一回タテられた。状況は対策ポケのギャラドスを眠らされ剣舞からのゴリ押し。ハッサムの剣舞は相変わらず強い。


・ハッサム、格闘対策として育てた物理受けマタドガスは正直微妙だった。努力値は防御特化で、技構成は、大文字、雷、挑発、大爆発。ヘドロを持たせていたのだが、まともな回復技が無いため受けの性能としては中の下と言ったところか。特定のポケにはかなり強いんだけど…。物理でも半減できないタイプにはごり押される。大爆発を生かす為にもイバンの実を持たせるのが面白そう。鬼火を受けたら終わるが。途中からリストラしたものの持ち物や技構成、さらにドガスの弱点を補完するパーティ構成を考えてやればなんとか使えそう。


・拘りブースター相手にまさかの3タテ。ゴウカザルなどならある程度対策ポケを整えているものの正直ブースター舐めてました…。ラプラスで落とす予定だったのがまさかの拘り馬鹿力で一撃。ハガネールも急所で一撃。相手はさぞかし気持ち良かったことだろう…。というか僕が組むパーティは全体的に炎と格闘に弱い。炎に対し圧倒的なアドバンテージを誇るマリルリを育てる事を決意。


・今更ながらサンダースを育成。技構成は十万ボルト、めざめるパワー(氷)、嘘泣き、電光石火。持ち物はタスキ。自分が戦う上で一番嫌な型のダースを想定したのでかなり使いやすい。電光石火の威力は想像していた以上に低いので、よく相手のHPを見極めないと大怪我をする。防御関係の個体値はかなり低いが以外と一発は攻撃を耐えてくれるのでタスキを持たせない人が多いのも納得。ただやはり対ドラゴンを想定しているのでタスキを外す気は無い。タスキがあると安心しますしね。強い相手には強いが、弱い相手にはトコトン弱い。また耐久のある水は10万ボルトを耐えてくるので反撃でかなり削られる。特にエンペルト相手には耐えるって分かっていても10万を撃つしかない状況が多い。


・ラプラスも育成。一言で言うと器用貧乏。控えめで努力値は防御、特攻極振り。技構成はハイドロポンプ、冷凍ビーム、10万ボルト、氷の礫。以下机上論。

性格補正無し龍舞一積み命の球持ちボーマンダの逆鱗がやっと中乱数1。命の球持ち流星群も確定で耐える。冷凍ビームが耐久無振りヤチェ持ちガブリアスに対して超低乱数1、ボーマンダは高乱数1。残った分は礫で削れる。ドラゴンに対しては絶大な強さを誇る。同族に対しては十万ボルトがある分やや有利。エンペルトはHP振りが10万ボルトが中乱数2、耐久無振りでも2確。相手の草結びはかなりダメージを与えてくれる余裕で2確。威力120は痛い…。素早さで負けている場合かなり不利。ギャラドスのエッジは2確、オボン込みで3確。舞エッジで余裕で2確。10万ボルトはソクノ込み、または耐久に振られていると2確。ミロカロスはHP振りのみでも10万ボルトが3確、特防特化されているとなんと4確(正確には超低乱数3)。

机上論終わり。ここまで書くとミロ以外は計算上、多少は有利なハズなのだが後出しでギャラはキツイ(というかほぼ無理)し、僕のラプラスは素早さの個体値が低いので、エンペルトとのタイマンも無理。また一致インファイト、拘り馬鹿力(インファイト)は一撃の可能性があるので格闘技持ちの可能性があるポケからはほぼ逃げの一手。ドサイドン当たりも素早さに振っている可能性があるのでやや厳しい。草は草でほぼ先手を取られ、耐久特化されていると冷凍を耐えられるし、特攻特化されているとリフストで一撃。電気との殴り合いは当然のことながら決定力が無いので無理。高耐久かつ、高威力特殊アタッカーを想定していたのだけども…。ステータス的には十分なのだが氷タイプの弱点がメジャー所なので辛い。耐久水、または特殊受けで安定して止まるので追加効果と威力を考えて雷を入れる事も考慮したものの雷で2確にしたところで2発連続で当たる可能性は49%。逆に絶対零度を入れた場合、絶対零度が2回中1回でも当たる可能性は51%。ラプラスに10万ボルト、雷を入れない人が多い理由が分かった気がする。積みきってどうしようも無くなった耐久、ハピナスを突破できる事を考えたら絶対零度の方が優秀か。タイマンでギャラドスにアドバンテージを取れる10万ボルトかやや運の要素が強く身代わり持ちに絶対的に弱い零度か…。ぶっちゃけ零度の方が優秀っぽいが、ギャラへのアドバンテージは大きい...。

持ち物は安定感を求めてオボンの実を持たせてみたが特に必要性を感じなかった。落とされる時は大抵オボンの回復量に関係無く落ちる。達人の帯等の威力up系アイテムを持たせて攻撃力を落とし耐久調整をするか、先制のツメを持たせて運ゲを狙うのも面白そう。広範囲に攻撃できるエースアタッカーを想定していたものの、こいつの役割はそうじゃない事に気付く。対ドラゴン特化か耐久ポケ潰しとして割り切ってパーティに入れるのが吉か。それに特化するならば耐久特化という選択肢もありえる(弱点意外の耐久潰しの零度、ドラゴンはヤチャ持ってようが持ってなかろうが氷技2発で安定的に落ちる、キングドラには竜の波動がある)。安定するかどうかは別にしてその型が役割を割り切って一番使いやすいとは思う。ただ今の型でもハイドロさえ当たれば雷パンチ持ちのメタグロスと殴りあったりできるので(まぁ水自体が物理メタグロスに有利なのだが)、安定して強い事は強い。


・ラプラスの項が長くなったのでここからはできるだけさくさくといきます。読みの方はブランクもあったがまぁそれなり。ただ大爆発等の大技を撃つべきところで撃てなくなっている部分もあるのでそこらへんは少しずつ直して行きたい。また意味の無いところで交換読みをしてしまいアドバンテージを失ったところもあったり、交換読みが決まって交代ポケを一撃で落としたり…やっぱりポケモンは楽しい。


・久しぶりに両受けマージを使用。使っていて中々良い感じでウザくて楽しい。マージは種族値、技共に面白いので色んな型を育ててみたい。ガチガチでひりつくような読み合いも面白いが、意表を突く型で戦って成果が出るのも面白い。ただ一部でガチが未だに批判されているのはどうかと思う。まぁ個人的には最近ガチガチじゃない方が面白いというのも感じているのだが、勝ちに向かうベクトルを否定する事はゲーム自体を否定しているんじゃないかな。


・格闘タイプが強いので悪タイプ、がやや少ない傾向にあるが、ゴースト、エスパーを使っている時の悪タイプのプレッシャーは相当なもの。HP、素早さ振りの補助主体のスターミーを使ってうざく攻めていたら、悪タイプではないがハッサムの球追い討ちを喰らい一撃で退場。補助主体のエスパーはサイコキネシスしか攻撃技を入れない事も多いので、そんな時に追い討ち持ちの鋼、悪が出てきたら詰む可能性が高いのが相変わらず辛いなぁっと。良い働きをみせてくれていたスターミーだったがそれだけで一切使う気が無くなるのが不思議。ただマージは使ってやりたい(笑)。


・これまた久々に根性空元気オオスバメを使用。正直使えない。まともな物理受けは全く突破できないのに放っておいてもどんどんHPが減っていく。さらに先制技で一撃。また600族ドラゴンには空元気を素で耐えられる。がむしゃらも回復系の前では無意味。うーんつらいね。根性ポケはやっぱりヘラクロスクラスの爆発力と弱点狙いができてなんとか実戦クラスになるんだろうか。オオスバメも決して弱くは無いんだけどね、正直使いこなせる気が全くしない。


・竜舞ギャラドスが再び台頭してきていると感じた。スカーフ持ちも一部で流行っている気がする。スカーフは正直アクが強すぎると思うのだが...。まぁそれでも威嚇を撒き、スカーフ無しのドラゴンに先制で氷技を撃てるので、拘り逆鱗(ハチマキ限定、スカーフの場合は恐らく交代出しで潰す)を強引に潰せるので強い事は強いと思う。拘り系は一部を除いて元々アクが強いものだしね。ただやはり主体は竜舞型。ギャラドスの挑発は読まれやすいという事もあり、挑発を外している構成が多い気がする。以前は防御特化バナ(ギャラドスを受けるには宿木か攻撃かという読みが必要、後、以前はマリルリも受けれた、現在は氷パンチを持っているのでどうだろうか)、防御特化ヌオーで受けていたのだが、ギャラドスをさっぱり見ないので外していた。新しい対策を考えないとなぁ(ドガスで流させるけど)。

・以前は物理受け2体、特殊受け1体を必ずパーティに入れていたのだが、あえて特殊受けを外して構成してみたらものの見事に安定しなくなった。役割を持てるポケは限定されすぎていて特殊はタイプ相性でピンポイントで受けるべき、という理論もあるものの、やはり特殊受けは1体パーティにいると安心だなぁと思った。自分にはそれがあっている。


・というワケで特殊受けバナをパーティに組みこんでみたら見事に安定。バナはなんだかんだで使い勝手が良い。ただ相変わらず炎に弱い(それでも不一致炎なら十分に受けれる)ので炎に強いポケを…。


・次回の更新は2ヶ月前にHIROさんから回されていたバトンを…(今更かよ)。
[PR]
by koba-koba3 | 2008-10-26 00:53 | ポケモン

パーティ構築中

復帰に向けちゃくちゃくと新パーティ構築中。プラチナは殿堂入りしたものの絶賛放置中。技教えは利用するとしても一体二体とかなので一日に一回ノモセ行っとけばいいや、程度の感覚です。バトレボのデータ作り直すのも面倒だし、育成環境は間違い無くパールの方が優秀(ビッパ5体とか今思えば神配置ですね)なのでしばらくパールで頑張ります。

それはそうと卓上でしか計算していないんですけどボーマンダがマジヤバイですね…。防御振りのラプラスがいい対策になるんじゃないかと踏んでいたらステロ+性格補正有り龍舞後の逆鱗で確定で落ちます...。ステロが痛いなー。確定数が絶妙すぎるワケで…下手すると死に出しエンペルトでも止められないって、こりゃーどういうこっちゃ。サポート特化ポケと組んだマンダ主軸のパーティは本当に鬼畜な悪寒。まぁ物理だけならいくらでも対策はあるのですが二刀流を計算しないといけないこいつは本当に…。

バレパンハッサムの方は特に考えていないのですが、こっちもかなりやばそうですね…。ただマンダと違い完全なキラーポケが存在している分まだマシかなーとも考えています。(例:威嚇ウィンデイ)

ニコニコに再び動画を上げる事も考えているので早く復帰したいものです。
[PR]
by koba-koba3 | 2008-10-23 02:21 | ポケモン

中堅ポケ考察その1

またまた久方ぶりの更新。中堅ポケの強さ検証をしてみようかと思います。個人的に中堅、メジャーといった分け方は好きではないのですか一般的な用語となっている以上分かりやすいかなっと。ちなみにシングル限定でのお話です。



ハッサム
使ってくる技は大体以下の通り。シザークロスorトンボ返り(ほぼ100%)、電光石火(90%)、瓦割り(80%)、剣の舞(70%)、つばめ返し(50%)、つじぎりorおいうち(40%)、アイアンヘッド(30%)、バトン等補助技(20%)

基本的に剣の舞を積んで全抜きを狙える型(剣の舞型)か、タイプ一致トンボ返りを有効利用することによりバトルの流れを握りやすくする(トンボ返り型)が2大主流といったところでしょうか。この2つの型は使う技自体はほとんど一緒ですがその性質が全然違うので対策等が取りづらいです。例えば剣の舞型だと交代でウィンディ辺りを出していれば安定して止められるのですがトンボ返り型だとその後のイニシアチブを取られてしまい圧倒的不利に。

また努力値も素早さに振っているのか耐久に振っているかで対応できるポケが大きく変わってきます。稀に拘りスカーフ(陽気最速で120族まで抜かれる)や拘りハチマキを持っている型もいるのが頭の痛いところ。ちなみに僕は最速カイリキー抜き(に調整する予定)+拘りハチマキでトンボ返りを連発する型を使っていますがバトルの流れを操りやすい+拘りトンボが中々の威力なので非常に良い働きをしてくれます。

タイプが中々優秀なので見せ合いの時点でコイツを入れられると炎技を使えるポケを入れざるを得なくなるのが辛いところです。また鋼+おいうち使いなのでエスパータイプ投入が難しくなります。また稀に耐久型や補助型がいます。その場合大抵は剣の舞型orトンボ帰り型を想定しているのでその補助(例:高速バトン等)は決まりやすいと思います。

タイプ相性的に有利なハズのリザードンあたりも耐久が低かったりダメージを受けていると剣舞後の電光石火で無理矢理突破されてしまうのが辛いところ。また物理受けの代名詞といえるエアームド(タイプ相性が良いはず)ですら剣舞+瓦割りで3分の一弱のダメージを受けてしまうので吹き飛ばし等で誤魔化すのがやっと(素早さで勝ってしまっている場合は羽休めが使えないので余計に辛い)。対策としては威嚇持ち+そこそこの耐久であるウィンディやギャラドス辺りまたは炎技持ち物理受け(マタドガス等)が有効かなと考えますがトンボ返り型だとその後の展開が・・・(ry。中々嫌らしいポケです。



ウィンディ
使ってくる技は以下の通り。フレアドライブor大文字orオーバーヒート(100%)、神速(ほぼ100%)、めざめるパワー(草、地、水)(50%)、竜の波動(40%)、雷の牙(40%)、ソーラービーム(40%)、鬼火(30%)、かみくだく(20%)、アイアンテール、起死回生等(10%未満)

特殊型か物理型かはたまた2刀流か・・・。型の見分けがつき辛い&使ってくる技が読みにくいので対策の取り辛いポケです。持ち物も拘りスカーフ、ハチマキ、メガネ、半減実、命の玉、パワフルハーブと多彩で初見ではまず読めません。努力値の振り方としては攻撃面、素早さ、耐久をそれぞれ調整して振るのが主流です。また耐久の高さが最大のウリで威嚇さえ入れれば耐久無振りでも陽気プテラのエッジを確実に耐えます。一撃で倒す事が難しくどの型でも安定した火力を有しています。戦ってみれば分かりますがこれは中々やっかい。一時期ゴウカザルが止めにくいポケNO1のように言われていた時期もありましたが型の見分けがつきにくい高スペック炎ポケの強さを端的に表したものだと思います。最近のウィンディのイメージとしては火力と対応範囲を狭めて高耐久を手に入れたゴウカザルといったところでしょうか。

メインが炎技なので水ポケを出していれば安全かと言うとそうでも無く雷の牙やめざパで手痛い反撃を受ける事が往々にしてあります。竜についても同様。余談ですがウィンディを見て物理受けヌオーを投入したら交換読み命の玉持ちめざパ(草)で様子見もクソも無く一撃で葬られたのは良い思い出です(涙)。

対策として思い浮かぶのは第一に水ポケですが耐久が中途半端なポケだと前述のように交代時の被弾+(一撃耐え)+パワフルソラビで屠られてしまう可能性があるので危険です。そこで出てくるのがカビゴンorミルタンク。高耐久+厚い脂肪持ち+回復技持ちなので余程の事が無い限りどの型においても突破される事はないと思います(一応起死回生には注意)。ステロを撒いたり地震でプレッシャーを与えてやればなおよし。他に単水の高耐久ポケも十分対策になりえると言えます(ミロカロス等)。地面+水は耐久調整にもよりますが草技を使ってくる可能性が高いポケと言えますのでやや危険です。



今回はこの変にします。次回はメジャーと言われているポケを考察してみようかな、と考えています。
[PR]
by koba-koba3 | 2008-04-08 22:44 | ポケモン

フリースレ第9回大会②感想その2

・1/19オワタ杯2回戦前編

・1/19オワタ杯2回戦後編

・1/19オワタ杯2回戦(相手視点)


・1/19オワタ杯3回戦

簡単な解説をば。

・オワタ杯2回戦
試合の始まる少し前まで対戦相手のもそもそさんとはチャットで話していたのでそれでジバコの型は大方想像がついていたワケでこれが強みでした。逆に言うと事前の情報がなければ負けていた試合だったかもしれませんでした。

試合の方は怯みが出てくれてサーナイトを無傷突破できたのが非常に大きかったです。しかしここはエアスラ→エアスラ→大文字で落とすのが正道なので細かいですが凡ミスでした。カムラ持ちの比率が高いサーナイトに実発動のチャンスを与えてしまったのはなんとも頂けない…。

途中のヤドランは完全に捨て交代です。持ち物が読めていた為リザの交代は必須。しかし読みが上手い方なので何を撃って来るか読みきれなかったので安全にバナを投入しようと思った苦肉の策でした。どの道ハッサムがいるのでヤドランに出番無しと踏んだワケです。

勝負を分けた最後の2択はかなり悩んだのですが、もうこれは運としか言いようがありません。相手の方はバナが何をやってくるか分からないので交代を選んだそうなので、事前に情報を得ていた僕が少し有利でその差があの結果に繋がったのだと。しかしバナさんは電気受けなのにまともに電気を倒す事ができないとは・・・。技構成を少し考えてみる必要があるようです。


・オワタ杯3回戦
相手のパーティを見た瞬間かなりヤバイなぁと感じたのですが、今見返してみると僕のパーティでも十分に対応できるメンツですね。一体も倒せずに負けたのは実に頂けない。

勝負の分かれ目は2つあってダースにマニュをぶつけたところまでは良かったのですがそこで痛恨の読みミス。石化持ちならどの道勝負はついてしまっていたので石化の可能性は除外して考えていたのですが万が一捨てに来られたらヤバイと思って礫を撃ったワケですがこれはない。相手の3体目が何か分からなかったので仕方無いと言えば仕方無いのですがあの状況での交換はほぼ必須。そうなるとつじぎりを選んでいたらスイクンに少しはダメージを与えれて情況が変わっていた結果もあったかなぁ・・・と。

そしてトゲキッスにつじぎりを撃ってしまった事。スカーフ持ちだったらこれまたそこでほぼ勝負はついてしまっているのでスカーフの可能性を除外して考えないといけないのに礫を撃とうとしているところが僕の混乱具合がうまく伺えると思います。あそこで冷凍パンチを撃ってよしんばスイクンに交代されたらスイクンの攻撃3発(交代時+先制2発)でベロが落ちたのでそれが一番危険かと思ったのですが、素直に攻撃されてしまいました。

ベロの攻撃では後2発必要だったのでそれが嫌だったワケなのですがそもそもこんな状況を作り出してしまったのはダースのところで交換読みつじぎりを撃たなかった自分なワケで(スイクンは眠る持ってそうでしたけど)。あのバトルの流れ上仕方無いかなぁといったところです。

ちなみにここでキッスを落としていれば。次にスイクンが登場したところでベロに変えて大爆発or攻撃という2択を仕掛けれただけに実に残念でした。ダメージ見た感じ冷凍パンチだと乱数でギリギリといったところだったかなぁ・・・。「読んだ」と言えば聞こえはいいのですが、結局は自分の弱さ故に逃げに走ってしまった感のある負けでした。
[PR]
by koba-koba3 | 2008-01-22 06:28 | ポケモン

フリースレ第9回大会②感想その1

新パスを作って挑んで見たのですが付け焼刃でどうにかなるもんじゃなかった・・・。速攻で2連敗して最短の予選落ちを喰らってしまいました。

その後オワタ杯に参加し、いつも使っているパスにフジギバナを組み込んだパで挑んだのですがこれが思いのほか良好。準決勝までいけたのですが残念ながらここで敗退。本選の方の動画にみるべきものは無かったのでオワタ杯の動画のみをyoutubeに上げました。感想はまた明日。

最近負け続けですが得るものは得ているハズなのでなんとかそれを生かせたら…と考えています。しかしキッス対策とガブリ対策を早急に考えないとなぁ。この2匹と戦う状況の時は砂嵐パを使う事が多かったので有利な状況で戦えていたので特に苦にしていなかったのですが他のパスを使用すると一転して苦戦するように。流石は最強の一角。

今後の育成としては状況さえ決まれば大爆発できるポケを育成した後に受けポケを育成、その後にステータスが気に入らないポケを再育成して来週の大会に臨みたいと思います。

ただ問題は状況さえ整えば大爆発できるポケの候補が2体いる事。タイプは微妙なもののハマったら全抜きも可能なポケとタイプが優秀で爆発時の火力もかなりのもの、しかし爆発力は前者に劣るというポケなのですが、この2択でかなり悩んでいます。どっちも攻撃範囲は同じでメインの弱点もかぶっているからものだから余計に悩む…。

とりあえず次回はオワタ杯動画の感想をば。
[PR]
by koba-koba3 | 2008-01-21 01:27 | ポケモン

勝てる気がしない

近年稀にみるスランプ期に突入しました(多分、恐らく)。昨日はランダム対戦でもフレンド対戦でも素晴らしいフルボッコでした。

読み負けが異常に多いという腕の面と、技が連続で外れてくれちゃってたりという不運の面、両面の相乗効果という点もありますがそれ以前にPTの構成自体が間違ってるんじゃないかと。今まで受けポケ、アタッカー等を属性や役割が被らないように組んできたつもりなんですがぶっちゃけるとそれは適当にパーティを組んでいる、以外の何者でも無いワケで・・・。やっぱりエースを決めてそれを補佐していくように真剣にパーティを組まないとキチンとパーティを組んでる人には勝てないなぁ…と。

以前上げていた動画の簡易解説をどうぞ。

バトレボフレンド対戦シングル5
簡単に言うとベロさんの大爆発を読まれて以降は見事にエアムさんに止められたという試合。あまり注目されてないと思うのですがカイリューも竜の舞→逆鱗を許したら見事に3タテされちゃう可能性も十分あるワケで・・・。耐久面も並のポケモンに比べたら十分高水準で厄介なポケです。身代わりを読めというのも酷な話なのですがベロさんの技構成ではあの状況で賭けをする要素しか無いのがどうかといったところ。ベロさんは何気に2代目なのですが、このパーティに合う型というのをもう少し細かく検討する必要がありそうです。

バトレボフレンド対戦シングル6
あまりにノワールさんにフルボッコにされるので珍しい勝ち試合をむしゃくしゃして上げた試合。というのは嘘です(笑)。といっても試合の方は深読みしてくれてカラスさんを落としたところ以外は特に見所の無い試合です。ぶっちゃけて言うとラプラス使いが多いのでトドを選んだのですがその使い勝手は極めて微妙というところなのです。よく言えば玄人好みなのですがその攻撃範囲の狭さから運用がかなり難しいのが現状。水を出されただけで手も足も出ないのは非常に痛いもので、電気技を使ってくる水ポケを出された瞬間ジ・エンド。以前はヤドランスターミーピンポイントでシグナルビームを覚えていたのですが・・・うーんなんとか霰パ以外でトドが活躍できるパーティを組んであげたいものです。

バトレボフレンド対戦シングル7
僕が苦手で大きく負け越しているトレーナーとして前述のノワールさん、たけとさん、E/Oさん、そしてこのゆっきーさんが挙げられます。ポケモンバトルは強いポケモンを使ったから強い!という単純なものではなく上手くそのポケモンを補佐する構成が必要なんですが、上に挙げた方達にはそのパーティの構成という面で大きく遅れを取っているのが否めません。今回の試合もトリック警戒でドダイトスを出して鬼火を喰らったところまではまぁいいんですが(いいのか?)、問題はその不利になった状況を覆せるポケがいない事。何気にそこが一番の大問題なワケですよ。



ここ最近負け試合が多くてテンションが下がり気味ですが、ポケモン単体での強さ、硬さなどを考えるのではなくやはりPTにあった型と構成を考えないといけないという事を改めて思いました。砂嵐パーティーの姫(ピクシー)はパーティに欠けている部分を埋める為に育てたポケモンの良い例なので(つまり普通のパーティじゃ対して活躍できない)、第二の姫をなんとか育てたいものです。
[PR]
by koba-koba3 | 2008-01-17 17:06 | ポケモン

PBRフリー対戦スレ第9回大会感想その4(反省会)

今回の大会の反省点としてはガブリアスの道具がのんきおこうじゃ無くて気合のタスキだった方が安定するのではないか?という事でした。リザードンの持ち物はこだわりスカーフなのですが、拘っているが為に不便だなぁと思う場面が多々あったワケで、耐久調整も含めてそこら辺改良する余地はあると思いました。とは言えどちらも一長一短なんで現在の状態も完成系の1つなんですよね。

さてもう1つの反省点と言えば調子に乗ってまたニコニコに上げてしまった事。決勝戦という事もありますが、個人的に凄く良い試合だったから多くの人に観てもらおうと思って上げたのですがやはりこの考えは間違っていました。今更ですがあそこに上げる以上は自分や相手の方に対していくらかの誹謗中傷は覚悟しなければいけませんね・・・。上げた方も上げられた方もブルーになってしまうのでニコニコへのupは本当にこれで最後にします。

後、砂嵐パはこれでしばらくお休みにしようと思います。負けるのが嫌、とかいう後ろ向きな理由では無く、砂嵐パはかなり安定した勝率を持てるという事と伸びしろがほとんど無いという事が分かったので、着々と構想を固めている新しいガチパを組んでみようかと思っています。ずっと同じパーティ使ってたら飽きちゃうし。完成はいつになるか分かりませんが(汗)。それと次回大会は出れるか微妙なのですが出るとしたら現在組んでいる他のパーティで出ると思います。

さて、次回からは通常通り対戦動画の解説と砂嵐パーティの紹介に戻りたいと思います。
[PR]
by koba-koba3 | 2008-01-15 19:41 | ポケモン

PBRフリー対戦スレ第9回大会感想その3(決勝解説)

前回のエントリ前々回のエントリも併せてどうぞ。優勝した記念にニコニコにもあの微妙な煽り付きで上げました。評判は悪いだろうけどこれで最後だろうからまぁ気にしない気にしない。



・第9回フリースレ大会決勝トーナメント決勝-煽り-(youtube)

・第9回フリースレ大会決勝トーナメント決勝-前編-(youtube)

・第9回フリースレ大会決勝トーナメント決勝-後編-(youtube)

・第9回フリースレ大会決勝トーナメント決勝-煽り-(ニコニコver)

・第9回フリースレ大会決勝トーナメント決勝(ニコニコver)



メンバー選び
ガブリアス、ソーナンス、ヘラクロス、ウィンディに有利な為に迷わずカバ先発。残りの特殊アタッカーを受ける為にピクシー。そしてエースであるガブリアス投入で悔いの無い勝負を!

VSトゲキッス
先発カバはやはり読まれていて相手の先発はキッス。カバが地面なので電磁波も無いだろうという事でピクシーにチェンジ。やはりエアスラ程度では大してダメージを受けないものの怯みがかなりキツイ・・・。守ると願い事で耐え切る事に精一杯でした。一回落とされる寸前まで削られましたし・・・。その結果ガブリアスの無償降臨を許す事に。なおこの時点で何度も良いタイミングがあったのにも関わらず羽休めをしてこなかった事からキッスの持ち物はスカーフだと確信。

VSガブリアス
無償降臨を許したのは本当にきつかったです。あそこの交換は読めたので空元気を撃たないと・・・。と後悔していても先には進めないのでここで賭けに出てアンコールを撃つ事に。その賭けが成功してなんとかガブリアスを縛る事に成功。交換に対応+ピクシー大事に使いたい、ので願い事で回復。半ば予想はしていましたが、そのまま居座るガブリアス。

これは不味いとカバに変えたところでアンコ切れ・・・。もう少し持って欲しかった・・・。といっても十分相性は有利なのでさほど心配していなかったらまさかの砂がくれ発動!これは痛い痛すぎる・・・。その隙に剣舞→逆鱗を決められしかも持ち物がラムの実。混乱してくれたら命中が30%台前半なので優位に立てたのに・・・。ここはもうガチンコ勝負!最速ガブリアス同士の対決、勝負の女神はどちらに微笑むのか・・・。

ガイガン・・・愛してるぜ・・・。ここがこの試合の天王山でした。

姫、獅子奮迅の活躍
最後に出て来たのはスターミー。計画通り!姫に変えちまちま削り、さっきは失敗した願い事→守るを逆手に取り交換読み空元気も決めキッスを瀕死直前まで削る事に成功。これも地味に大きかったです。キッスは10中8,9スカーフなので守るを選択。後から見返してみると万が一羽安めをされた事を考えてガブリアスに交換するのがベストでした。結果は読みが成功でキッスを沈める事に成功。さぁ最後の勝負だ。

最後の勝負
スターミーが出て来たところで守ってしまったのは完全にミス。眠気でどうにかしてました、成功してくれて良かった。さぁここから一番確実に勝つ方法は急所も考慮すれば願い事→守るを繰り返しちびちび削っていったところで空元気で沈めるというのが一番安全な方法。しかしここまできてそんな勝ち方でいいのか?思えば姫にはここまで随分我慢をしてもらいました。相手は有利な特殊アタッカー。最後ぐらいは真っ向勝負をさせてあげてもいいじゃないか。これで急所に当てられて負けても後悔は無い。いざ尋常に最後の勝負!



最後まで自分のポケモンを信じて本当に良かった。主催のクシィさん、大会に参加された方々、ここまで読んでくれた方々、皆さん本当に御疲れ様でした。次のエントリで軽い反省会を入れて9回大会のエントリを〆たいと思います。
[PR]
by koba-koba3 | 2008-01-14 19:45 | ポケモン


検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧