ラムレーズン

テイルズオブエターニアオンラインのプレイ日記でした。暗中模索中。
by koba-koba3
カテゴリ
初めての方へ
日常
単位
ポケモン
エターニアオンライン
TOEOで出会った人
テイルズ
その他
リンク
以前の記事

<   2008年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

フリースレ第9回大会②感想その2

・1/19オワタ杯2回戦前編

・1/19オワタ杯2回戦後編

・1/19オワタ杯2回戦(相手視点)


・1/19オワタ杯3回戦

簡単な解説をば。

・オワタ杯2回戦
試合の始まる少し前まで対戦相手のもそもそさんとはチャットで話していたのでそれでジバコの型は大方想像がついていたワケでこれが強みでした。逆に言うと事前の情報がなければ負けていた試合だったかもしれませんでした。

試合の方は怯みが出てくれてサーナイトを無傷突破できたのが非常に大きかったです。しかしここはエアスラ→エアスラ→大文字で落とすのが正道なので細かいですが凡ミスでした。カムラ持ちの比率が高いサーナイトに実発動のチャンスを与えてしまったのはなんとも頂けない…。

途中のヤドランは完全に捨て交代です。持ち物が読めていた為リザの交代は必須。しかし読みが上手い方なので何を撃って来るか読みきれなかったので安全にバナを投入しようと思った苦肉の策でした。どの道ハッサムがいるのでヤドランに出番無しと踏んだワケです。

勝負を分けた最後の2択はかなり悩んだのですが、もうこれは運としか言いようがありません。相手の方はバナが何をやってくるか分からないので交代を選んだそうなので、事前に情報を得ていた僕が少し有利でその差があの結果に繋がったのだと。しかしバナさんは電気受けなのにまともに電気を倒す事ができないとは・・・。技構成を少し考えてみる必要があるようです。


・オワタ杯3回戦
相手のパーティを見た瞬間かなりヤバイなぁと感じたのですが、今見返してみると僕のパーティでも十分に対応できるメンツですね。一体も倒せずに負けたのは実に頂けない。

勝負の分かれ目は2つあってダースにマニュをぶつけたところまでは良かったのですがそこで痛恨の読みミス。石化持ちならどの道勝負はついてしまっていたので石化の可能性は除外して考えていたのですが万が一捨てに来られたらヤバイと思って礫を撃ったワケですがこれはない。相手の3体目が何か分からなかったので仕方無いと言えば仕方無いのですがあの状況での交換はほぼ必須。そうなるとつじぎりを選んでいたらスイクンに少しはダメージを与えれて情況が変わっていた結果もあったかなぁ・・・と。

そしてトゲキッスにつじぎりを撃ってしまった事。スカーフ持ちだったらこれまたそこでほぼ勝負はついてしまっているのでスカーフの可能性を除外して考えないといけないのに礫を撃とうとしているところが僕の混乱具合がうまく伺えると思います。あそこで冷凍パンチを撃ってよしんばスイクンに交代されたらスイクンの攻撃3発(交代時+先制2発)でベロが落ちたのでそれが一番危険かと思ったのですが、素直に攻撃されてしまいました。

ベロの攻撃では後2発必要だったのでそれが嫌だったワケなのですがそもそもこんな状況を作り出してしまったのはダースのところで交換読みつじぎりを撃たなかった自分なワケで(スイクンは眠る持ってそうでしたけど)。あのバトルの流れ上仕方無いかなぁといったところです。

ちなみにここでキッスを落としていれば。次にスイクンが登場したところでベロに変えて大爆発or攻撃という2択を仕掛けれただけに実に残念でした。ダメージ見た感じ冷凍パンチだと乱数でギリギリといったところだったかなぁ・・・。「読んだ」と言えば聞こえはいいのですが、結局は自分の弱さ故に逃げに走ってしまった感のある負けでした。
[PR]
by koba-koba3 | 2008-01-22 06:28 | ポケモン

フリースレ第9回大会②感想その1

新パスを作って挑んで見たのですが付け焼刃でどうにかなるもんじゃなかった・・・。速攻で2連敗して最短の予選落ちを喰らってしまいました。

その後オワタ杯に参加し、いつも使っているパスにフジギバナを組み込んだパで挑んだのですがこれが思いのほか良好。準決勝までいけたのですが残念ながらここで敗退。本選の方の動画にみるべきものは無かったのでオワタ杯の動画のみをyoutubeに上げました。感想はまた明日。

最近負け続けですが得るものは得ているハズなのでなんとかそれを生かせたら…と考えています。しかしキッス対策とガブリ対策を早急に考えないとなぁ。この2匹と戦う状況の時は砂嵐パを使う事が多かったので有利な状況で戦えていたので特に苦にしていなかったのですが他のパスを使用すると一転して苦戦するように。流石は最強の一角。

今後の育成としては状況さえ決まれば大爆発できるポケを育成した後に受けポケを育成、その後にステータスが気に入らないポケを再育成して来週の大会に臨みたいと思います。

ただ問題は状況さえ整えば大爆発できるポケの候補が2体いる事。タイプは微妙なもののハマったら全抜きも可能なポケとタイプが優秀で爆発時の火力もかなりのもの、しかし爆発力は前者に劣るというポケなのですが、この2択でかなり悩んでいます。どっちも攻撃範囲は同じでメインの弱点もかぶっているからものだから余計に悩む…。

とりあえず次回はオワタ杯動画の感想をば。
[PR]
by koba-koba3 | 2008-01-21 01:27 | ポケモン

勝てる気がしない

近年稀にみるスランプ期に突入しました(多分、恐らく)。昨日はランダム対戦でもフレンド対戦でも素晴らしいフルボッコでした。

読み負けが異常に多いという腕の面と、技が連続で外れてくれちゃってたりという不運の面、両面の相乗効果という点もありますがそれ以前にPTの構成自体が間違ってるんじゃないかと。今まで受けポケ、アタッカー等を属性や役割が被らないように組んできたつもりなんですがぶっちゃけるとそれは適当にパーティを組んでいる、以外の何者でも無いワケで・・・。やっぱりエースを決めてそれを補佐していくように真剣にパーティを組まないとキチンとパーティを組んでる人には勝てないなぁ…と。

以前上げていた動画の簡易解説をどうぞ。

バトレボフレンド対戦シングル5
簡単に言うとベロさんの大爆発を読まれて以降は見事にエアムさんに止められたという試合。あまり注目されてないと思うのですがカイリューも竜の舞→逆鱗を許したら見事に3タテされちゃう可能性も十分あるワケで・・・。耐久面も並のポケモンに比べたら十分高水準で厄介なポケです。身代わりを読めというのも酷な話なのですがベロさんの技構成ではあの状況で賭けをする要素しか無いのがどうかといったところ。ベロさんは何気に2代目なのですが、このパーティに合う型というのをもう少し細かく検討する必要がありそうです。

バトレボフレンド対戦シングル6
あまりにノワールさんにフルボッコにされるので珍しい勝ち試合をむしゃくしゃして上げた試合。というのは嘘です(笑)。といっても試合の方は深読みしてくれてカラスさんを落としたところ以外は特に見所の無い試合です。ぶっちゃけて言うとラプラス使いが多いのでトドを選んだのですがその使い勝手は極めて微妙というところなのです。よく言えば玄人好みなのですがその攻撃範囲の狭さから運用がかなり難しいのが現状。水を出されただけで手も足も出ないのは非常に痛いもので、電気技を使ってくる水ポケを出された瞬間ジ・エンド。以前はヤドランスターミーピンポイントでシグナルビームを覚えていたのですが・・・うーんなんとか霰パ以外でトドが活躍できるパーティを組んであげたいものです。

バトレボフレンド対戦シングル7
僕が苦手で大きく負け越しているトレーナーとして前述のノワールさん、たけとさん、E/Oさん、そしてこのゆっきーさんが挙げられます。ポケモンバトルは強いポケモンを使ったから強い!という単純なものではなく上手くそのポケモンを補佐する構成が必要なんですが、上に挙げた方達にはそのパーティの構成という面で大きく遅れを取っているのが否めません。今回の試合もトリック警戒でドダイトスを出して鬼火を喰らったところまではまぁいいんですが(いいのか?)、問題はその不利になった状況を覆せるポケがいない事。何気にそこが一番の大問題なワケですよ。



ここ最近負け試合が多くてテンションが下がり気味ですが、ポケモン単体での強さ、硬さなどを考えるのではなくやはりPTにあった型と構成を考えないといけないという事を改めて思いました。砂嵐パーティーの姫(ピクシー)はパーティに欠けている部分を埋める為に育てたポケモンの良い例なので(つまり普通のパーティじゃ対して活躍できない)、第二の姫をなんとか育てたいものです。
[PR]
by koba-koba3 | 2008-01-17 17:06 | ポケモン

PBRフリー対戦スレ第9回大会感想その4(反省会)

今回の大会の反省点としてはガブリアスの道具がのんきおこうじゃ無くて気合のタスキだった方が安定するのではないか?という事でした。リザードンの持ち物はこだわりスカーフなのですが、拘っているが為に不便だなぁと思う場面が多々あったワケで、耐久調整も含めてそこら辺改良する余地はあると思いました。とは言えどちらも一長一短なんで現在の状態も完成系の1つなんですよね。

さてもう1つの反省点と言えば調子に乗ってまたニコニコに上げてしまった事。決勝戦という事もありますが、個人的に凄く良い試合だったから多くの人に観てもらおうと思って上げたのですがやはりこの考えは間違っていました。今更ですがあそこに上げる以上は自分や相手の方に対していくらかの誹謗中傷は覚悟しなければいけませんね・・・。上げた方も上げられた方もブルーになってしまうのでニコニコへのupは本当にこれで最後にします。

後、砂嵐パはこれでしばらくお休みにしようと思います。負けるのが嫌、とかいう後ろ向きな理由では無く、砂嵐パはかなり安定した勝率を持てるという事と伸びしろがほとんど無いという事が分かったので、着々と構想を固めている新しいガチパを組んでみようかと思っています。ずっと同じパーティ使ってたら飽きちゃうし。完成はいつになるか分かりませんが(汗)。それと次回大会は出れるか微妙なのですが出るとしたら現在組んでいる他のパーティで出ると思います。

さて、次回からは通常通り対戦動画の解説と砂嵐パーティの紹介に戻りたいと思います。
[PR]
by koba-koba3 | 2008-01-15 19:41 | ポケモン

PBRフリー対戦スレ第9回大会感想その3(決勝解説)

前回のエントリ前々回のエントリも併せてどうぞ。優勝した記念にニコニコにもあの微妙な煽り付きで上げました。評判は悪いだろうけどこれで最後だろうからまぁ気にしない気にしない。



・第9回フリースレ大会決勝トーナメント決勝-煽り-(youtube)

・第9回フリースレ大会決勝トーナメント決勝-前編-(youtube)

・第9回フリースレ大会決勝トーナメント決勝-後編-(youtube)

・第9回フリースレ大会決勝トーナメント決勝-煽り-(ニコニコver)

・第9回フリースレ大会決勝トーナメント決勝(ニコニコver)



メンバー選び
ガブリアス、ソーナンス、ヘラクロス、ウィンディに有利な為に迷わずカバ先発。残りの特殊アタッカーを受ける為にピクシー。そしてエースであるガブリアス投入で悔いの無い勝負を!

VSトゲキッス
先発カバはやはり読まれていて相手の先発はキッス。カバが地面なので電磁波も無いだろうという事でピクシーにチェンジ。やはりエアスラ程度では大してダメージを受けないものの怯みがかなりキツイ・・・。守ると願い事で耐え切る事に精一杯でした。一回落とされる寸前まで削られましたし・・・。その結果ガブリアスの無償降臨を許す事に。なおこの時点で何度も良いタイミングがあったのにも関わらず羽休めをしてこなかった事からキッスの持ち物はスカーフだと確信。

VSガブリアス
無償降臨を許したのは本当にきつかったです。あそこの交換は読めたので空元気を撃たないと・・・。と後悔していても先には進めないのでここで賭けに出てアンコールを撃つ事に。その賭けが成功してなんとかガブリアスを縛る事に成功。交換に対応+ピクシー大事に使いたい、ので願い事で回復。半ば予想はしていましたが、そのまま居座るガブリアス。

これは不味いとカバに変えたところでアンコ切れ・・・。もう少し持って欲しかった・・・。といっても十分相性は有利なのでさほど心配していなかったらまさかの砂がくれ発動!これは痛い痛すぎる・・・。その隙に剣舞→逆鱗を決められしかも持ち物がラムの実。混乱してくれたら命中が30%台前半なので優位に立てたのに・・・。ここはもうガチンコ勝負!最速ガブリアス同士の対決、勝負の女神はどちらに微笑むのか・・・。

ガイガン・・・愛してるぜ・・・。ここがこの試合の天王山でした。

姫、獅子奮迅の活躍
最後に出て来たのはスターミー。計画通り!姫に変えちまちま削り、さっきは失敗した願い事→守るを逆手に取り交換読み空元気も決めキッスを瀕死直前まで削る事に成功。これも地味に大きかったです。キッスは10中8,9スカーフなので守るを選択。後から見返してみると万が一羽安めをされた事を考えてガブリアスに交換するのがベストでした。結果は読みが成功でキッスを沈める事に成功。さぁ最後の勝負だ。

最後の勝負
スターミーが出て来たところで守ってしまったのは完全にミス。眠気でどうにかしてました、成功してくれて良かった。さぁここから一番確実に勝つ方法は急所も考慮すれば願い事→守るを繰り返しちびちび削っていったところで空元気で沈めるというのが一番安全な方法。しかしここまできてそんな勝ち方でいいのか?思えば姫にはここまで随分我慢をしてもらいました。相手は有利な特殊アタッカー。最後ぐらいは真っ向勝負をさせてあげてもいいじゃないか。これで急所に当てられて負けても後悔は無い。いざ尋常に最後の勝負!



最後まで自分のポケモンを信じて本当に良かった。主催のクシィさん、大会に参加された方々、ここまで読んでくれた方々、皆さん本当に御疲れ様でした。次のエントリで軽い反省会を入れて9回大会のエントリを〆たいと思います。
[PR]
by koba-koba3 | 2008-01-14 19:45 | ポケモン

PBRフリー対戦スレ第9回大会感想その2(予選1~準決勝簡易解説)

動画へのリンクは前回のエントリを参照の事。



・予選1 VSぶる@ぼるさん
最初のソルロックで大爆発警戒で守るをするかどうか少し悩みましたが、ソルロック=補助技というイメージが強いため攻撃する事に。軽そうなので草結び効きそうにないなぁという事で宿木を撃ったら・・・\(^o^)/この時点でラグでほぼ詰みだったのですがガブリで運ゲを仕掛ける事に。ちなみにこの戦法での勝率は約40%(5回中一回でも技が外れる確率)。無理かなーと思ってたのですがチイラ警戒で引いてくれて事無きを得ました。

・予選2 VS@LosTさん

リザが拘っていた為ストレートに出さなかったのが敗因。カイリューを警戒しすぎた・・・。催眠が外れる(ラムは想定内だったのですが・・・)、乱数でリザが落とされるなどの不運もありましたが、危険なハッサムを放置していたのが致命的なミスでした(まさかおいうちと剣の舞を両立しているとも思わなかった)。今大会唯一の敗戦ですが、課題が残る見事なまでのフルボッコ。

・予選3 VS@ラルフさん
メンバーを見て特防特化ドータクンでほぼ全員に有利と見て迷わず投入。結果的にその考えの通りに進みました。最後は再生で粘られたら間違いが起こる可能性があったので躊躇せずに催眠。賛否が分かれるところだと思うのですが個人的にあれ意外の選択肢は有り得ませんでした。

・予選4 VS@ミナモさん
威嚇パで厄介だと思ったのですが、前回同様銅鐸でほぼ全てのポケを受けれるとの結論に達しいざ勝負。ウィンディはカバ+ガブリがいるのでそこまで警戒していませんでした。ムクホで読み負けたりしているのですが最終的に相性の良さでごり押し。

・決勝トーナメント1 VS FOX★@さん

オオスバメ無償降臨を許した時は終ったかとも思いましたが、なんとか耐えてくれて残りはルンパでじわじわと。耐久の高さもガブリの強さの一因だと思います。よくぞ耐えてくれたガイガン!

・決勝トーナメント2 VS@やまさん

このPTの欠点としてハッサムが出た時点で読みゲーの要素が高くなるのですがそれが実にキツイです。回避希望でガブリを出すものの肝心なところでちっとも・・・。交換読みでカイリューを落とした後にペンギンを先に出されていたら非常に難しい試合になっていたと思います。

・決勝トーナメント準決勝 VS@ユースケさん
かなりの泥仕合になってしまった試合。といって試合内容が淡白だったかと言えばそうでも無く読んだり読まれたりお互い持ち味をフルに発揮していたと思います。やはり勝因はカバが乱数で耐えてくれたところです。相手のロトムが最後どの程度攻撃技のPPが残っていたかは分かりませんがあのまま続けていたら4分6分くらいで有利だったかなぁと。ピクシーは対ゴーストは砂嵐で削るの一点戦略なので食べ残し持ちは本当に辛い・・・。っーかあんな型のロトムは想定していません(笑)



決勝はエントリを分けます。
[PR]
by koba-koba3 | 2008-01-14 19:05 | ポケモン

PBRフリー対戦スレ第9回大会感想その1

d0071425_23424631.jpg


相変わらず砂パで参戦しました。予選でかなり苦しんだのですが予選の人数が少ない組だった事もありかなりギリギリで決勝トーナメント進出。一発勝負には弱い傾向があるのでどこで負けるのかなーとか思っていたらあれよあれよという間に優勝してしまいました!なんという強運。

当日は深夜3時なのに急用が入ってしまってろくに挨拶もしないままそそくさと立ち去る事になってしまって本当に申し訳ありませんでした。にしても優勝できるなんて・・・自分には縁が無いものだと思ってたのですが、本当に嬉しかったです!2008年は良い年になりそうです。確か厄年だった気もするけど!

PCフル稼働でなんとか昨日今日で全動画upする事ができました。エンコの必要が無いyoutubeとはいえ動画数13は多かった・・・。全部を解説してる暇は無いので詳しい解説付けるのは決勝ぐらいでしょうか、他にもキツイ試合はいっぱいあったのですが。以下upした動画リストになります。煽りはまぁご愛嬌という事で・・・誰か格好良いMAD作って下さい><(自分のセンスの無さと技術力の無さに絶望した)



・第9回フリースレ大会予選1

・第9回フリースレ大会予選2

・第9回フリースレ大会予選3

・第9回フリースレ大会予選4

・第9回フリースレ大会決勝トーナメント1

・第9回フリースレ大会決勝トーナメント2-前編-

・第9回フリースレ大会決勝トーナメント2-後編-

・第9回フリースレ大会決勝トーナメント準決勝-前編-

・第9回フリースレ大会決勝トーナメント準決勝-中編-

・第9回フリースレ大会決勝トーナメント準決勝-後編-

・第9回フリースレ大会決勝トーナメント決勝-煽り-

・第9回フリースレ大会決勝トーナメント決勝-前編-

・第9回フリースレ大会決勝トーナメント決勝-後編-



個別感想は別エントリで。
[PR]
by koba-koba3 | 2008-01-14 12:53 | ポケモン

対戦動画解説その5

ニコニコに上げるのは止めたと書いたのですが、今まで純粋に動画を楽しんでくれてた人がいる事を信じて最後のup。ニコニコで観て頂いた方々、今までありがとうございました。

バトレボフレンド対戦その5




メンバー選び
とりあえず万能アタッカーであるエルレイドを先発。陽気最速スカーフの為小回りは効きませんが、どの相手が出てきても対応できるというのが魅力です。やどみが対策にアンコ持ちのライチュウを選択。残るは受けポケですがコータスでは不利な相手が多いと思い防御特化マージを選出。

初手の差し合い
予想外に相手の初手はレントラー。正直これは想定していなかった・・・。威嚇を受けている為にインファイトでもまず落ちないだろし、最近多い耐久振りならば補助技やら攻撃で一気に不利に。耐久型なら初手は補助技だろうという事でアンコで縛る為にライチュウへチェンジ。意外な事にストレートな物理型のようです。それならば・・・という事でマージにチェンジするのですがまさかの吼える。再びライチュウが場へ。しかしこれは好都合。居座られて少し面倒なので吼えるをアンコで縛ってお帰り願いましょう。それでエルレイドが出ても良しマージが出ても良し。吼えるをアンコしたところ引きずり出されたのはエルレイド。これは好都合。ここから試合が動き始めます。

再び均衡へ
エルレイドを受ける為に出て来たのはミロカロス。インファイトで半分以上削れて意外に柔らかいのでこのまま押し切れるんじゃね?と考えたのですが火炎玉が発動。成程そういう事か・・・。このまま攻撃を続けても回復されてジリ貧になる為仕方なくマージにチェンジ。相手も交換でフシギバナ。やどみが型の匂いがプンプンするのでとりあえず鬼火。自分もやどみが型のポケを使う事があるのですが火傷で毎ターン定数ダメージを受けるのはやどみが使いとしては意外とうるさいものなのです。お互い地味に削りあいリフストを受けたところで交換する事に。相手もほぼ100%交換してくるところですがやどりぎをうけている為に居座るのは少し厳しかったです。

ライチュウ散る
一応身代わりを張られた場合の対抗策としてライチュウを出したら相手はミロカロスに。いたみわけをうたれた時の対抗策としてHPの減っているミロを出されたと思うのですがこれはラッキー。ここは積みの一手。100%交換ですので心置きなく悪巧み。どっちが出てきても効果いまひとつなのが少し嫌なところですが。ここで相手はレントラーにチェンジ。草結びは相手が軽そうなのでやめて素直に10万ボルト。恐らく乱数1発圏内まで削りますがこっちも大きな痛手を受け瀕死直前まで削られます。

ここで今回最大のミスを犯しました。何故か頭の中からレントラーの先制技の存在が完っ全にふっ飛んでいたのです。最近流行の耐久型には入ってない構成なのですがスタンダード物理型なら当然考慮に入れるべき技です。特攻したライチュウは華々しく散ってしまいました。ここはエルレイドでもマージでも交換するところでした・・・。HPも残り少ないし守る意味が無いと考えたのはあまりにも短絡的でした。

最終局面へ
ライチュウが落ちたところでこっちも盛り返す為にエルレイドを送り出します。ここは100%交換すると読んでバナ読みのサイコカッター。読み通りバナを落としますが再びレントラーが出てきて威嚇を受けてしまいます。拘っている為にインファイトが撃てない。といってHPが減っているマージに交換するのもはばかられる・・・。ステータスを見てスパーク+石化で落ちるかどうか感覚的に計算し大丈夫そうかなーと適当な判断をして押してみる事に。相手のHPが半分強というのも後押しになりました。しかしやはり威力不足のサイコカッター。あまりにもダメージが低すぎる・・・。残り一発で倒せるかどうか非常に微妙な減り具合・・・。威嚇の効果を消すためにマージにチェンジするべきか否か・・・。散々迷った挙句チェンジを選択。スパークで落ちなかった場合は鬼火を撒いて安心してインファを撃てるようにする狙いもありました。そこでミロに交換されても火炎玉持ちという事で催眠を持っている可能性は低く、型の相性上完封できる可能性が高いという計算もありました。・・・がここで痛恨のマヒ。スパークを難なく耐えたマージですが何もする事ができずに落ちる事に。これは痛すぎる・・・。

最終局面
さぁやってきました最終局面。レントラーを落とすだけならどっちの技を選択しても大丈夫なのですが、ここまで戦ってきた以上スカーフはバレていると考えた方がいいでしょう、つまり問題は交代される可能性があるという事。インファイトをミロで受けられた場合。ミロを落とした後に下がった防御を石化で削られて乙ってしまいます。恐らくステータスダウン無の石化なら一発は耐える・・・。散々悩みましたがチキンな事にサイコカッターを選択。相手の選択は石化。この瞬間終了のファンファーレが鳴り響きました。



・・・結局最後のダメージを見てインファイト+急所でも来なかった限り無理だったと気付きました・・・流石は火炎玉ミロ、それならなんだったんだ最後のあの長考は、本当に意味が無い(笑)。HIROさんに対戦が終った後お話を伺ったところエルレイドのスカーフは最後の最後まで気付かなかったとの事。そういえばスカーフと断定されるような行動は取らなかったような気もします。結果は変わらなかったと思いますがこれは痛いミスです。それよりも今回最大のミスはライチュウを早々と戦いの舞台から降ろしてしまった事(終盤にライチュウが残っていたら100%勝てた為)。あの石化を読めないようじゃまだまだだと痛感しました。

ニコニコへのupは恐らくこれで最後になりますが、ニコニコで観て下さってた方々ありがとうございました。これからはyoutubeで動画を上げていきたいと考えていますので、お暇があればよしなにお願い致します。画質がかなり落ちる上に、後2~3つ動画を上げたら春までの間亀更新になる予定ですが(笑)。

それでは、また。
[PR]
by koba-koba3 | 2008-01-07 03:00 | ポケモン

対戦動画解説その4

バトレボフレンド対戦・前編

バトレボフレンド対戦・後編


メンバー選び

このパスを使う時は絶対的な物理受けとして物理特化ヤドラン。そのヤドランの弱点を補える特防特化ベロベルトをセットで使う事が多いです。ベロベルトの弱点も格闘でヤドランで半減なので意外に良いコンビだと思っています。まぁ相性だけで受けれそうな場合とかはまた編成が変わるのですがそれはまた別のお話。それで問題はアタッカーを誰にするかですか、感覚的にリザにしました。このメンツだとハピナス突破がキツクなりそうなのですがそれはベロさんの大爆発かリザの特性発動の爆発力に賭けるといったところで。このバトルはどこかで賭けをしないと勝てないような予感もしてましたし。

VSヘラクロス
初っ端から相性不利でヤドランで受けようにもメガホーンが飛んできたら終わりだし非常に厄介な相手です。最近のヘラクロス、型として多いのは圧倒的にスカーフでしょうか。火炎玉型やましてやこらきし型は絶滅種ではないでしょうか。スカーフだとしたら完全な読み合い。半減実を持っているのでそのまま行くかヤドランに交代するか・・・。しかしよくよく考えてみると上手い具合にリザをメンツに選んでいるではないですか。いずれにしても交代読みエッジが飛んでくる可能性は低いと見て交換。大方の予想通り飛んできたのはメガホーン。4分の1ダメージの割りに結構喰らっている・・・。リザの耐久を考慮しても喰らいすぎじゃね?なんにせよ拘ってる可能性は高そうです。ここは相手は200%交換してくるハズ。交代に強い&一応攻められる事も考慮して身代わりを張っておく事に。

中々頑張るリザードン
相手の交代先はギャラドス。相性不利ですがまぁ身代わりもある事だし素直に攻撃。結果急所が出て相手の身代わりを防ぐ事に成功。これは美味しい。相手の次なる交換先はミロカロス。恐らく特防特化・・・かな、今イチ自信が持てないのですがとにかく硬い。運ゲで微妙に押すものの身代わりを破壊されたところで交代。メガホーンを撃ってくるヘラクロスならタイマンで勝てるHPを残しているのが良い感じです。

シンプルに
さて交代先はヤドラン。ベロベルトでも受けれるのですが再生技持ちだと分が悪い&催眠持ちの場合ヤドランに寝てもらったほうがまだマシ、という思考です。思ったとおり眠らされてしまったヤドラン。交代先は勿論ベロベルト。相手も交換で交換先はヘラクロス。これは読まれたのかなぁ・・・。相性不利ですが相手は拘っている可能性が高い以上ヤドランに交代するのも一考。ですが、再び交換戦になった場合読みに自信が持てない&メガホーンで押された時のリスクが高すぎる為素直に爆破(大文字はギリギリ確2程度の威力しかないので選択肢から除外)。これで2VS2のシンプルな戦いに。相手が次に繰り出してきたのはミロカロス。もしギャラドス来たらラッキーじゃね?とか考えてリザを選んでいたのですが、これには涙目。まぁ当然と言えば当然でしょうか。身代わりを見せているので素直に攻撃してくるかなーと思って交換したのですがなんとそれを読まれていて交代読みギャラドス降臨。これにはショックを受けましたがここはヤドランに耐えてもらうしかないです。

催眠を読め
食べ残し持ちという事で努力値の252は耐久に振っているのはほぼ間違い無いギャラドスさん(にしてはエアスラで削れすぎな気もしますが)。攻撃無振りor調整なら眠っているとはいえヤドランに分があるでしょう。身代わりを張られたり龍舞を積まれたりやられたい放題状況を整えられますが素晴らしい鉄壁ぶりをみせるヤドラン。流石「ふが」!対物理攻撃には無敵だぜ!相手の身代わりを破壊したところでミロカロスにチェンジ。

この時点で相手の思考としてはヤドランを眠らせてギャラドスで龍舞を最低でも2回以上積むしか突破口が無いというところでしょうか。逆にこっちとしてはヤドランに眠られるのは不味いので控えのリザに眠って貰えればそれ以降の催眠は無効になりますので勝ちが確定。つまり相手の催眠のタイミンスを読めば勝ちなワケです。交代時に被弾したサイキネで特防が下がってくれたのは好都合でした。相手は攻撃を受けたら不味いと踏んで催眠を撃ってくるハズ・・・。いきなりだけどこのタイミングがベストだ!というワケでリザに交代するも普通に波乗りで沈んでしまうリザ・・・。冷静に考えると特防が下がっているとはいえ一撃では落とせないので回復技にも対応可能な瞑想を回積んでプレッシャーをかけた上での交換が正解でした。

決着
その後も催眠のタイミングが読めずオロオロしていたのでしたが、催眠が2回連続で外れてくれてなんとか勝利。結局最後は運だけで勝てた印象です。個人的にそれまでの経緯と催眠を巡る読み合いが面白かったのです。
[PR]
by koba-koba3 | 2008-01-07 00:08 | ポケモン

対戦動画解説その3

ポケモン対戦動画その3・前編

ポケモン対戦動画その3・後編


メンバー選び
本当はパーティ紹介を終らしてから動画の解説をしたかったのですが上げてしまったものは仕方が無い。相手のノワールさんは何回か対戦していて読みが上手い方です。今までの戦績としては確実に読んでくるであろう場面で読みの上手さを逆手に取った読みをして流れを掴んだり、普通に読み負けてフルボッコを喰らったり・・・中々の好敵手です。さてメンバー選びの時点で不利なポケが多かったらカバ→ガブリのホットラインを封印するのですが今回不利なのはカイリキーとスターミーのみ。カイリキーはタイマンであればカバで完全封殺できるので問題はスターミーのみ。スターミーは命の球持ちハイドロでない限り後出しでもピクシーで封殺できるのでカバ&ガブリのゴールデンコンビにピクシーを加えて挑む事にしました。

カバVSムウマージ
カバは防御特化なのでムウマージがアタッカーであった場合普通に力負けしてしまいます。しかし鬼火持ちの可能性もあるので毒毒状態でないピクシーにチェンジするとピクシーの攻撃性能が大幅に削られてしまうかもしれません。マージ程度の特攻なら瞑想を積まれて弱点を突かれてもカバは落とせないハズ・・・。というワケで1ターン目は普通に撃ち合う事に。相手がエナボ持ちで特防も下がってしまったのでここは交換の一手。

VSカイリキー
ピクシーに交換したところやはり大したダメではありませんでした。特防がまたまたダウンしてしまったのはご愛嬌。ですが気合球を覚えないマージではピクシーに大きなダメージを与えれる技は無いでしょう。交換読みの一手で空元気。相手はカイリキーにチェンジしてきたのでここまでは問題ありません。問題はカイリキーをどう対処するか。先制すれば落とせるかもしれないのですがこのカイリキーの型は知っていたので素早さ無振りの特防特化ピクシーでは先制する事はまず不可能(一応最速なんですけどね)。相手の型を知らなくともカイリキーは素早さに振るor調整してる事が多いので悩む場面です。相手のカイリキーは身代わり持ちという事まで分かっていたのでギリギリまでアンコールを撃つか迷ったのですがここは大人しく交換する事に。アンコールで賭けをするのもいいのですが爆裂パンチで落とされて相手の3体目がスターミーならそこで勝負が決してしまします。ちなみに爆裂パンチをカバが受けた場合HPが減ってる為、交換時の被弾+先制の2発で落ちてしまうのですがその後はガブリで落とせばいいと高をくくっていました。

交換してみると相手は身代わりを張ってきました。ここで今回最大のミスを犯してしまいます。少し前までカバは捨てでも大丈夫と考えていたのですからここは素直に身代わりを破壊する事に専念するべきでした。相手が攻撃してこなかった為怠けるで粘り切れるかも・・・という欲を出してしまった為最悪の形で落ちることに。

仕方なくガブリで特攻するもののやはり不利。身代わりが破壊されたところで相手が大事を取って引いてくれたから良かったようなものの攻めてこられてたらカイリキーに3タテを喰らうところでした。ここでも何気に酷いミスをしていますね。相手に浮遊がいるのが分かっているのに地震を撃ってます。結果は変わらなかったのであれなのですがクローでもカイリキーは落ちるハズなのでここはクローを撃つところです。

ピクシー奮闘
混乱している上にほぼ確実に先手を取られて不利なので再びピクシーへ。再び交換読みの一手で空元気。ここで相手の3体目が登場。なんとウィンディ。これは予想外なのですがとりあえず砂嵐で削る&特殊か物理かを見極める為に守るを使用。特殊型という事が分かったのでこれはいけるか。カイリキーにチェンジされるのが死ぬほど恐ろしいのですがこのままだと有利な特殊相手にすらアドバンテージを取れない為、願い事。ここで2択を迫られます。ウィンディに勝つことだけを考えると守る一択。対抗馬としてはガブリを降臨させての回復狙い。ただ危険が大きすぎる・・・。だが全体的に不利な状況の為ここは賭けるところでしょっ。というワケでガブリにチェンジ。大文字を撃ってこられた場合半減でも耐えるか微妙なのですがガブリへの命中率は60%程度なのでそれにも期待していました。・・・がここも読まれてしまい交換読みのソラビを撃たれてしまいます・・・が、砂嵐状態の為ソラビ半減っ。なんとか耐えてくれました(ノワールさんはソラビの仕様を忘れてたみたいです)。これはラッキー。ガブリが回復できた事により状況は5分5分に。

二択
さてガブリ降臨したのはいいですがここはどうするか、深く考えずにとりあえず身代わりを張りますがこれもまたミス。よく考えたらこの状況での交換はリスクが高すぎる為ほとんど行われないですよね・・・ストレートに行くべきだった。ウィンディのめざパ(恐らく地)で身代わりが割れなかったのは不幸中の幸いでしたが結局神速で割られてしまい、せっかく回復した体力を微妙に減らした状態でVSムウマージを迎える事に。ここで攻撃をどちらか避けてくれたらほぼ勝負が決まっていただけに実に惜しい。

さてVSムウマージは非常に難しい状況。ほぼ確実に先制され、身代わりによってHP減っているのでシャドボを撃たれたらガブリは堕ちてしまうでしょう。となるとここはピクシーへの交換か?しかしそれは非常にストレートな思考で相手に読まれやすい・・・。交換読みのクローかピクシーへの交換か・・・。この読み合いを制した方が試合をも制す。双方そこまで分かった上での読み合い。果たしてその軍配は!?



ガブリが全然技を避けてくれなかったり、混乱時に行動が全くできないという不幸がありましたが、幾度と無くあった読み合いの末に辿り着いた最後の2択を制した方が勝つべくして勝ったという印象でした。個人的にはとても良い試合でした。勝ちに拘ったパーティだとこういうクロスゲームの重みが倍増するののでいつもとは違った楽しさがあったと思います。
[PR]
by koba-koba3 | 2008-01-06 21:40 | ポケモン


検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧