ラムレーズン

テイルズオブエターニアオンラインのプレイ日記でした。暗中模索中。
by koba-koba3
カテゴリ
初めての方へ
日常
単位
ポケモン
エターニアオンライン
TOEOで出会った人
テイルズ
その他
リンク
以前の記事

<   2008年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

対戦動画解説その2

結構長くなってしまったので2つ目の試合はエントリを分ける事にしました。それにしてもエキサイトって動画貼り付けNGなのか・・・。軽くて使いやすいから気に入っていたのですが・・・こりゃ移転も考えないとなぁ。

バトレボフレンド対戦その2

メンバー選び
どのポケが来てもまぁ大方受けれるコータスを選出。そのコータスにとって鬼門であるポリゴンZ、シャワーズを受ける為にムウマージ。残りはアタッカーを誰にするか・・・という選択ですがなんとなくでクロバットを選出。強いて言うならエルレイドは強いのですがスカーフの為小回りが効かないから・・・という理由でクロバットを選んだのですがこの選択が勝敗の命運を分ける事に。

コータスVSポリゴンZ
初っ端で特性が発動しなかったのでポリゴンZの特性は適応力確定。まぁそれが分かっても大した意味はないのですが。コータスは防御特化なので特殊アタッカーであるポリゴンZは不味い相手。それでもトライアタック程度なら沈む事はないのですが破壊光線が怖いですし何よりここで沈んだら困るので大人しくムウマージにチェンジ。するとドンピシャで破壊光線。最近のポリゴンZはスカーフが多いのでまず変えてくるだろうという事で補助技、それも天敵であるカラスが怖すぎる為に鬼火。するとまたもや特殊主体のロズレイドに。ロズレイドはスカーフ型か眠り粉やどりぎを駆使したジワジワ型か見分けがつかないのでいずれにしても被害が少なめで済みそうなコータスにチェンジ。すると相手も交換で再びポリゴンZ。ここで再び交換するのは交換読みされるリスクが高すぎる為確実に相手一体を道連れする為に爆破を選択。狙い通り爆破に成功したのですが不一致であの威力・・・こだわりメガネだと予想。

VSロズレイド
クロバットを出すものの相変わらず型が読めないロズレイドさん。スカーフのありかが不明な上に、もしスカーフだと先制されてしまう。スカーフの場合クロバットに撃ってくる技は神通力でしょうけど、耐久無振りクロバが神通力を耐えるのか否か・・・。大事を取って交換してみたら予想通り飛んできたのは神通力。やはりスカーフの様子。ダメージ的に十分受けれる範囲ですが、ここで交換されてカラスが来るのが怖すぎる・・・というワケで鬼火を撃ったのですがこれが最大のミス。予想外にそのまま攻められて回復技が痛みわけしかないムウマージは相手が鬼火でどんどんHPを削られている為思うように回復ができず結局は共倒れ。特殊誤魔化し型であるムウマージですが防御、HP振りの為瞑想を積まないと特殊はややキツイものがあるのです。カラスを意識しすぎました。

クロバットVSサーナイト
残りがカラスなら石化持ちクロバでほぼ勝てるハズ!と意気込んでクロバを送り出しますが大変残念な事に相手はサーナイト。相手の型がなんであれ一撃で殺られる事は間違い無いので問題は先制できるこっちが一撃で落とせるかどうか。いざ勝負!

耐久無振りなら道具補正で高乱数一撃だったのですが残りHPから推測するにHP振りまたは調整だったのでしょう・・・。兎にも角にもカラスに完全にやれらた試合でした。カラスは試合に出てこなくても強い!(謎)
[PR]
by koba-koba3 | 2008-01-06 18:22 | ポケモン

対戦動画解説その1

今までニコニコに対戦動画を上げ続けて来たのですがニコニコへのupは思うところがあるのでこれからは余程の事が無い限りする事が無いと思います。対戦動画の方はこれからはyoutubeに上げようと思いますのでよろしくお願い致しますです。

しかしyoutubeは画質が…。少し勉強すれば再エンコ喰らわない上げ方ができると思うのですが再エン喰らおうが喰らわまいが対して画質は向上しないっぽい&youtubeに対戦動画を上げている方達を見ても似たような画質なのでこのままupし続けたいと思います。

stage6とかも少し試してみたのですが、エンコする為に良いソフトが中々見当たらない為断念。視聴するのにプラグイン導入(1分程で済みますけど)したりとやや敷居が高い感が否めないので、日本語版の設備が整うかどうか様子見したいと思います。どこかにflv形式でupできてそれなりの画質でそれなりに軽くてゲームキャプチャ画像が上げられる良いサービスはないものか・・・・コメントが無ければニコニコが一番なんですけどねぇ・・・。

見れば分かるものをわざわざ解説する必要は無い。という持論を持っていたのですが動画を見ただけじゃ努力値の振り分けや、難解な試合でなぜそのような行動を取ったか?という思考が分かり辛いのも事実。実際僕も他の人の解説を見て参考になった部分もあるのでこれからはできるだけ動画を上げたら解説を付けていきたいと思います。

では前置きが長くなりましたが本編をどうぞ。



バトレボフレンド対戦その1

メンバー選び
まず先鋒は相手が誰を出してきてもある程度対応して攻撃できるエルレイドをチョイス。ボスゴドラのメタルバースト対策にアンコール持ちライチュウ。そして受けポケでどの相手にもある程度受ける事ができそうなコータスを選出。ちなみにもう一体の受けポケである鬼火瞑想型のムウマージはガルーラ、ヘルガーに完封される恐れがあるので完全に除外。

エルレイドVSギャラドス
最近は型が多くて(主に努力値の割り振りの面でですけど)微妙に対処に困るギャラドスさん。しかしどの型でも大抵龍舞を積むというのが主なスタイル。ソクノを持たせてサンダースの10万ボルトに耐える調整振りという型が一番多いので威嚇を受けたとはいえ2回先制できる最速スカーフエルレイドの敵では無いと思い、ニコニコしながらエッジを選択。するとあろう事か先制される始末・・・。先制されたという事は間違い無く相手はスカーフ・・・。ギャラドスの素早さ種族値ってエルレイドより高かったけ?・・・記憶が正しければ同速付近・・・同速じゃね?という甘い期待をこめて再び攻撃を仕掛けますがまたもや先制されてエルレイド昇天。後で調べてみたら素早さ種族値はエルレイドより1だけ高かったです。この種族値は意図的に設定されたものだとしか思えない(笑)。

コータスVSギャラドス
ライチュウを出しても先制で乙ってしまうのでコータスを出すしかありませんでした。しかしコータスでやれる事も・・・(泣)。怯みが恐ろしく怖いのですが陽気で積み無しなので道具を使えばまぁ耐えてくれるでしょ。という事でステロを撒いておとなしく爆破。結果だけを見ればギャラドスと1:1交換ができたのでエルレイドが先制された時点で受けてれば…。と思われる方もいるかもしれませんがコータスを出して爆破の時点で交換されたらそこで勝負がついてしまったのでその選択は選べませんでした。相手の方もギャラドスで2タテできれば十分という事でそのまま攻めてこられたのだと思います。

ライチュウVSガルーラ・ヘルガー
残っているのが紙耐久のライチュウという事で、正直詰んだかなぁと思っていたのですがここから脅威の粘りを見せます。ガルーラはどう考えても一撃では落とせないので悪巧みを選択。すると猫だましを撃ってきてくれたのですかさずアンコール。不意打ちを打たれたので完全には縛れてないのが難点ですが安心して積みに入ります。この時点で相手の控えがライチュウより素早さが高いポケだとその時点で詰みだったのですがなんとヘルガー。スカーフはギャラドスで確定なので素早さで抜かれる事は100%あり得ないしステロがあるのでタスキ持ちでも大丈夫です。楽々とヘルガーを突破した後は再びガルーラ戦。こっちの攻撃で一撃死は確定なので相手は先制技を撃つしかありません。アンコで縛りつつ、不意打ちのPPが切れたトコで攻撃すれば勝てる・・・と思っていたところでまさかのミス・・・。PP増やしている事はまず無いだろうなぁと思って悪巧みの使用回数で数えていたのですが、アンコールを撃ったターンを数え間忘れるという痛恨のミス。

この試合が終って気付いたのですがアンコールで悪あがきは出ない仕様みたいなのでアンコールが切れるのが早かったらPP切れを疑った方が良さそうです・・・。勝てた試合なのにこれは惜しい事をしてしまいました。ごめんね、ライライ。
[PR]
by koba-koba3 | 2008-01-06 16:37 | ポケモン

砂嵐パーティ紹介~ガブリアス~

(もうおられるか分かりませんが)今までこのブログを読んでくれてた人には意味の分からないエントリだと思いますのでそこは今年最初のエントリを参照頂きますようお願いします(ペコリ)。

d0071425_23424631.jpg

前回のエントリでも書きました通り砂嵐パーティを志向したというよりガブリの型を考える上で行き着いた上での砂パなので普通の砂パとは若干コンセプトが違います。今回はそのパーティの文句無しのエースであるガブリアスの紹介です。



d0071425_22372687.gif
NN:ガイガン 持ち物:のんきおこう
性格:ようき 特性:すながくれ
努力値:HP調整、素早さ、攻撃振り
技:地震 ドラゴンクロー 剣の舞 身代わり


ステータス(lv50時のもの)
HP  181
攻撃 180
防御 112
特攻 90
特防 95
素早 169


ガブリアスと言えば考察wikiにあるように全ポケモン中最高クラスの物理攻撃力&技の威力を兼ね揃えていて、さらに攻撃属性も竜&地面とこれだけでほぼ全てのポケモンに対応可能な隙の無いタイプ一致の属性を持ち合わせています。さらにその地面、竜を受けれる数少ないポケモンであるエアームド、ドータクン(浮遊)に対しても剣の舞→炎のキバ、大文字(特殊技)を持ち合わせていて攻撃面に関してはほぼ死角無しの性能を持ち合わせています。

素早さの方も種族値102と伝説を除いたドラゴン族の中でトップ。道具無しでは最速100族まで…つまり半数以上のポケモンに先制でき、スカーフを巻けば実戦で使われる実質的な最速である100族補正無し最速スカーフまで抜くことが可能です(つまり実質的にスカーフ補正無し最速ガブリアスが最速)。これに対抗する為に意地っ張り最速スカーフガブリアス抜き調整スカーフという調整も出て来たのですがそれはまた別の話。

攻撃面に追加するならばさらにガブリアスの主力技である逆鱗は鋼タイプ以外に等倍のダメージを与えれて並のポケモンなら一撃死してしまう威力!種族値上ではガブリアスを抜けるポケモンで先制しようとしてもスカーフガブリの可能性もあり安全に先制できるとは限らない・・・また通常時であれば逆鱗を一発は耐えれるポケであっても相手の持ち物がこだわりハチマキの場合1.5倍威力の逆鱗で一撃で沈んでしまうかもしれない・・・逆鱗を受けようとして鋼ポケを出そうとしても剣の舞型の場合逆に効果抜群の地震を剣の舞を積まれた上で受けてしまうかもしれない・・・ガブリアスを比較的安全に受けれるとされる浮いている鋼ポケモンであるドータクン(浮遊)、エアームドであっても交代読みで炎技を撃たれると途端に窮地に陥ってしまう・・・。

1ターン目に逆鱗を使用するこだわり型、2ターン目以降に逆鱗を使用する剣の舞型、型が分からないうちは逆鱗の使用タイミングが読めないのがガブリアス最大の強みであり最大の武器であります。考えれば考える程攻撃面では圧倒的な性能を誇るガブリアス・・・流石は最強の一角というところでしょうか。

しかし今回育成したガブリアスは圧倒的な攻撃性能に埋もれてしまって(現時点では)対して意識されていない「特性」に重きをおいたものです。特性の砂がくれは天候が砂嵐時にガブリアスに対する攻撃の命中率が80%になってしまうというもの。つまり命中率が100%の技であってもエッジ並みの命中率にまで下げられてしまうということです。さらに持ち物をのんきおこうにする事によって0.9倍の補正をかける事にしました。

0.8(特性)×0.9(持ち物)=0.72

つまりガブリアスに対する攻撃の命中率は100%の技ですら72%まで落とされてしまうのです。雷並みの命中率と言えば分かり易いでしょうか。これは非常に厄介です。さらに技構成にはその驚異的な回避率をフルに発揮できるように身代わりを入れました。HP調整をした事によって素早さが劣る相手であれば4回使用する事が可能。つまりガブリアスより遅くて先制技が無いポケモンでガブリアスを倒そうとすると5回技を当てなくてはなりません。命中72%の技が5連続で当たる可能性は僅か20%弱。2回連続で当たる可能性ですら50%強。その隙に剣の舞を積むことができればほぼ勝利は確定してしまいます。さらに身代わりはタスキカウンターを封じる、相手の交換に強い、という利点があります。タスキカウンターで言えばほとんどの場合砂嵐状態なのでオートでタスキは消滅してしまいます。

もう1つの補助技として決定力を大幅に高める剣の舞、攻撃技としてタイプ一致の地震、逆鱗は破壊力はあるものの小回りが効かずに使いづらい場合があるのであえてクローを選択。つまりこのガブリアスの主力技は地震でそれに耐性のある相手用に補助攻撃技という事でクロー。

その結果、物理ガブリアスの中で一番突破力の無い型になってしまったのは否めません。地震がまともに使える相手ならいいのですが地震が効かない相手だと防御特化ソルロック(HP種族値70、防御種族値85)ですら倒すのに3ターン(剣の舞→クロー→クロー)もかかってしまいます。地震に耐性がありソルロッククラスまたはそれ以上の耐久を持っているポケだとタイマンだと正直分が悪いです。また素早さ105族から先制されタスキも半減実も無いのでガブリアス以上の素早さで弱点を付いてくる可能性のあるポケも苦手ではあります。ちなみに炎技が無い為ドータクン(浮遊)とエアームドに関してはほぼお手上げ状態です(笑)。

しかしこの半数以上のポケはそのようなポケに該当しないポケで基本的に不利であっても素早さで勝っている場合身代わり連打で隙を作り剣の舞→攻撃のごり押しでなんとかなったりします。もし素早さで負けていて弱点をつかれる不利な状態であっても前述した通り相手の命中率は72%まで落ち込んでいます。苦手な相手でも最悪運次第で突破してしまう事が可能なのです。

「勝ちに拘る」というテーマの上ではこのポケを育成して正解だったと思います。ガブリアスの中では火力が無いとはいえそれでも全ポケモンの中ではかなり高水準の火力、その上技の被弾率は最高で72%(ノーガード、広角付100%技除く)、相手にとって最悪の場合技を当てる事すらできない・・・。嫌われても仕方ないかもしれませんがなんとも極悪・・・というかウザイ型に仕上がったと思います。

なんとなく似てるから、という理由でつけたガイガンというNN。ガイガンは贔屓目に見ても中堅怪獣なのに・・・逆の意味で名前負けしています(笑)。
[PR]
by koba-koba3 | 2008-01-04 00:03 | ポケモン

PBRフリー対戦スレ第7回&第8回大会雑感

(もうおられるか分かりませんが)今までこのブログを読んでくれてた人には意味の分からないエントリだと思いますのでそこは前回のエントリを参照頂きますようお願いします(ペコリ)。

d0071425_23424631.jpg

第7回大会がチーム戦だったので組んだ人に迷惑をかけちゃいけないと思い今までで一番「勝ちに拘ったパーティ」を作成。いつもは1~2匹程育てたいポケを育成しそれに(できるだけ)合わせたパーティを組んでいるのですが、今回はその「育てたいポケ」というのを最強の一角であるガブリアスに固定。そしてそのガブリアスの型を数あるガブリアスの型の中で最もタチの悪い砂パガブリアスに…そうすると相方はバンギかカバか…。という形でガブリアスありきで構成したパーティです。ランダム対戦を繰り返しガブリアスとカバルドン以外のメンバーを入れ替え、一ヶ月近くの時間をかけて辿り着いた僕が現在組めるパーティの中で最も安定して「勝てる」パーティだと自負しています。



このパーティの紹介は次回以降のエントリに書くとして本題である大会の雑感。チーム戦である第7回大会はこの時点でランダム対戦でかなり良い勝率を残していたとはいえ幾分の不安がありました…が予選は先鋒で4戦全勝を果たす事ができました。Cグループの先鋒の方達はガチパが少なかったような記憶もありますのでその影響もあったのかもしれません。

そして決勝に進出したのですが相手は雨パの方。アンチ雨パであるルンパッパを擁しているとはいえ基本的に水ポケに弱いカバルドン、ガブリアスを投入する事ははばかられその2体を外して挑みました。…が結局はその選択が最悪の結果を生み、アズマウオのメガホーンの急所でルンパを速攻で落とされ早々とゲームセット。結論から言えばアンチ雨パであるルンパとカバ+ガブリコンビでいけば急所でルンパが落とされようが勝てた試合でした。これにはショックを受けまだまだパーティを上手く扱えないのだと猛省。チームもここで負けてしまいこの大会はここで終了。

チーム戦だったので同チームだった他の4人の方とも和気藹々と楽しめ、なんだかんだで決勝にも出れたので大満足の大会でした。尚、この大会の対戦動画は録画しているのですが一方的な試合が多かったのでupする予定はありません。



第8回大会はなんと大晦日に行われた大会。普通のパーティで挑もうかとも考えましたが、大会という事でこのパーティで挑みました。予選は12勝2敗。50%の確率に賭けた試合、ほぼ負け確定の状況で(砂嵐でもないのに)ガブリアスが技を避けた試合、完全に読み負けているのにまたガブリアスが理論値を大幅に上回る回避率を披露してくれた試合、と運にも味方された出来すぎた結果でした。

ポイントで2位だったものの勝率でリーグ1位として決勝進出。決勝1回戦は苦手なポケが多いと思いガブリとカバを封印。その選択は正しかったのですが最終局面で深読みしすぎて痛恨のミス。しかし相手もミスをしてくれて運良く一回戦を突破。2回戦も若干不利なポケが多いと思いガブリのみを封印。この選択は正直ミスでした。ミスと言っても4分6分くらいの微妙なミスで試合には直接響いてはいないのですが。決勝トーナメントという事で大胆な読みができずセオリー通りの行動オンリー&相手の持ち物に気付かず後手後手へ。途中でなんとか盛り返して急所&技の追加効果&相手の技の命中率で40%程度で勝てる運ゲに持ち込むものの奇跡は起きずに敗退。

選んだメンツに大きな間違いは無かったものの相手の道具が読めなかったのが致命的でした。気付くチャンスはあったのに…。優勝できるチャンスだったのでこれは本当に悔しかったのです…これからに繋げたいと思いました。尚この大会は大晦日なので純粋に対戦を楽しみたかったので録画せず。真剣に対戦しながら録画するのってそれなりに面倒なのですよ…。面白い試合が多かったので録画しとけば良かったと少し後悔。


以上で大会の雑感は終了ー。
[PR]
by koba-koba3 | 2008-01-02 00:27 | ポケモン

あけましておめでとうございます

かなりの間放置していたこのブログですがそろそろ更新しようと思います。

…がポケモン関連のブログにしようと考えているのでそこらへんはご了承下さいますようお願い致します。よく分かんない内容だけど今までちょくちょく見てやってたから見てやろう…という奇特な方がいらっしゃいましたら是非見捨てないで下さい(笑)。

まぁ放置しすぎてから見てくれてる人がいるのかどうかも怪しいのですが(汗)。後今年はリアルが忙しいので更新すると言うもののそんなに頻繁に更新できません。それでも去年よりは更新する予定ですので…(当然)。とにかくこれから&これからもよろしくお願い致します。

(追記)前回のエントリでコメントを頂いてた方。了承致しました。お返事遅くなって本当にすいません(汗)。
[PR]
by koba-koba3 | 2008-01-01 23:22 | その他


検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧